データで見る日本の離婚率 弁護士のニーズの高まり

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

離婚 弁護士

ビル

データで見る日本の離婚率 弁護士のニーズの高まり

様々な統計データは日本という国の諸相を的確に映し出す鏡の役割をしている。
こんなデータがある。
それぞれの年度ごとの離婚件数を結婚件数で除した数値である。
大方の予想どおり1974年あたりから2010年くらいまで、この数値は上昇している。
10%から35%までの上昇率である。
簡潔にいえば、2010年あたりでは100組結婚すれば、反対に35組くらいが破綻したことになる。
離婚は弁護士に相談すべき問題です。
この数値から離婚は他の先進国同様に大きな問題であるといえる。
結婚と違って、離婚は当事者同士が円満に解決して離婚に至るケースはまれであろう。
ここに離婚問題の処理に当たる弁護士の果たす役割がある。
弁護士に相談するのは庶民にとっては不安なことかもしれないが、ここは思い切って弁護士に依頼することが解決の早道だ。
案ずるより産むがごとし。