離婚するあなたの最大のパートナー 弁護士という仕事

ビル

私の友人が言う。
「結婚したときの苦労を1とすると離婚するときの苦労は100くらいだった」と。
別に数字に根拠があるわけではなく、それくらい離婚とはストレスのたまることなのだろう。
家裁の調停でもうまくいかず、悩み続けた友人は法律事務所に専門の弁護士を訪ねた。
その時から彼はふっきれたようだった。
彼はいう。
離婚は弁護士に相談すべき問題です。
「弁護士に相談してよかった」彼が負うべき離婚後の責任は決して小さくはないが、専門的な知識をもつ弁護士からのアドバイスを受けることで、今後の人生を現実的に、前向きに考えることができたという。
彼の弁だが「正直、弁護士に依頼するのは初めてで、費用とか訴訟とか、不安なことばかりだった。
でも、その一つ一つに的確に応えてくれて、不安を払拭してくれたのが弁護士だった」…なるほど、餅は餅屋ということか?

倉庫・工場選びはお任せください
物件数豊富なオレンジホームで倉庫・工場選び

近眼だからこそ描けた絵があります
眼を失いつつも素敵な絵を残した作家をご紹介しています

英検対策もお任せください
点数アップを目指すならマーベリックまで

データはそのままでスマホ修理は滋賀県の
オリスマにお持ちくださいませ

絵の買取何でもお任せ
物故作家から現存作家までどなた様の絵でも買取します

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

離婚訴訟 弁護士からのアドバイス

離婚をするか、しないか、それはあなたの決断です。
そのために、私があなたの意志や行動を代替する

葉っぱ

民法第770条 離婚訴訟と弁護士の役割

民法770条は「裁判上の離婚」を規定した条文である。
法廷離婚原因として民法では5つを定めてい

ほほえむ女性

データで見る日本の離婚率 弁護士のニーズの高まり

様々な統計データは日本という国の諸相を的確に映し出す鏡の役割をしている。
こんなデータがある。

髪を掻き上げる女性

離婚問題は力量ある弁護士へ

私の妹が自分の離婚訴訟で、こちらの要望を100%受け入れてもらったと喜んでいる。
まさに泥沼の